「リハビリ難民」と「手術は成功」

印刷する

脊柱管狭窄症の手術をした方がここ数年調子が悪いという。手術のあとはリハビリがないので、以前書いたリハビリ難民になってしまっている。手術後に症状が殆ど改善しないので医者に言ったら、「手術は成功」の一点張りで話を聞いてくれないとい。この話は「手術と完治」で書いた。再手術の可能性はと聞いたら、「改善の見込みがないからしない。」と言う。具体的症状を聞いているうちにおかしな事に気がついた。脊柱管狭窄症は必ず腰を前屈して楽になるのだが、この方は後屈で楽になるという。不思議だなぁと思って、まず筋力の弱いところを補強したら、楽に歩けるという。その後痛いところを治療したらすぐに痛みが取れ、「あれ。痛くない。今まで数年間何をやっていたのだろう・・・・・。」となってしまった。典型的なリハビリ難民である。そんなに特殊な治療をした訳ではない。極めて一般的な治療である。病院が手術のあとリハビリをしなくなってしまったため、どれだけ多くの方が困っているかわからない。手術とリハビリは治療の両輪と思っているが、中々そうはいかないのが現実である。手術のあと調子が悪ければ医者に文句を言いたい気持ちは分かるが、ほとんどはリハビリの仕事である。東洋医学を学んでリハビリに関しては長年の知恵が沢山ある。少しでも気になる方は東洋医学を訪ねるといい。

 

無題

2016年5月4日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中