「風市-ふうし」というツボ

印刷する

常連さんになると色々な機械を買って、少しでも腰が楽にならないかと実験している方は多い。慢性腰痛の方があるバイブレーターを買ったらとても効いたという。太腿の前面をほぐしたら効果を現し、腰も楽だという。試しに横をかけたら痛い点がありどうしてもほぐれないという。それは風市(ふうし)と言うツボで我々慢性腰痛の時によく使うツボである。太腿は構造的に筋肉なのでバイブレーターでもほぐれやすいが、風市は靱帯なので中々ほぐれない。我々も少し手こずるところである。患者さんがよく見つけたなぁと感心したが、わかる方にはわかるものである。時々患者さんから鋭い指摘を受けるが、実に当を得ている。大昔の方もこの風市のツボで悩んだのであろう。そして後世に残すために、「風」は中風で脳梗塞などを意味し、「市」は集まることを意味する。風の気を取り除くための重要なツボという意味で、腰痛、蕁麻疹・耳鳴りにも効く。我々少し気を使って使うツボだが、使い方によっては著効を表す。こういう話が出来るのもバイブレーターのおかげである。

無題

2016年8月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中