この時期、太腿と坐骨神経痛

印刷する

以前から暑い季節になると左坐骨神経痛が増えると書いた。冷たいものの摂取で胃腸に負担がかかり、その反応が左腰に出て、エアコンなどで左坐骨神経痛を発症する。この時期、腰痛の殆どがこれである。だから必ず胃腸の状態を聞いて、お腹を触る。へその上にしこりがあれば胃炎、臍周辺が硬ければ腸に負担がかかっている。しかしこの反応、お腹だけでは治まらない。太腿の前面にまで反応が出る。あまりに多い数を治療しているもので、最近は太腿の前面を触っただけで、胃腸炎の様子が分かるようになってしまった。「2-3週間具合悪いですね。その後腰が痛くなったでしょう。」「3日ほど便秘でしょう。これでは腰に負担がかかっても仕方ないですよ。」こんな会話を当院ではよくしている。一昔前は太腿の前面が硬くなるのは山を登るとか階段を駆け上がらなければ硬くならなかった。さすがにそういう方は少ないので、最近太腿の前面が硬い方は殆ど胃腸炎である。以前からハムストリングは下腹部の反応点と言っていたが、太腿の前面にも出る。この太腿は自覚症状が出ないから、自分で叩いてみて痛ければこの時期は胃腸に負担がかかっていると言ってもいい。昔は治療を肩から始めていたが、最近は殆ど太腿から始める。太腿を触っただけで胃腸の様子から下肢の環境まで分かる。下半身がこれでは肩や首は良くならないだろうと思ってしまう。やはり治療は土台から段々上に行くのがいい。軽い肩こりや腰痛だと足を治しただけで良くなる。最近は毎回太腿の意味している重要性を感じている。

2017年7月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中