すぐにぶりっかえす寝違い

印刷する

常連さんが首の治療をしたばかりなのに、又痛くなったという。身体を診ると筋肉の負担はかかっていない。本人も何もしていないという。寝違いは筋肉性の疲労と神経の興奮で起こるが、どうも筋肉性ではなさそうだ。こうなると1番疑うのは噛み合わせである。こんな話をしたら、「そういえばマウスピースを変えたばかりで少し違和感があった。」と言ったので、「その後首が痛い側ばかりで噛むということはないですよね。」と聞いたら、「寝違いは左だけど左の奥ばかりで噛んでいた。すこし右奥歯の調子が悪く、マウスピースを変えたあたりからそうしている。」と言う。これで原因がわかった。治療したばかりですぐ再発するのはこんな事に起因している。原因がわかれば治療は楽で、神経を静める治療をして事なきを得た。

2018年12月26日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中