アトピー性皮膚炎とお腹の温熱

印刷する

これだけ暑い日が続くとお腹に温灸器を当てようという気がなくなる。がんや腸の治療をしている方も来る回数が減る。しかし久しぶりに来てお腹に温灸器を当てるとほぼ例外なく、「気持ちが良い。」と言う。結局、エアコンや冷たい飲み物などで腸が冷やされているのである。先程もアトピー性皮膚炎の方がさして原因もないのに悪化したという。色々調べたが特別何処かの機能低下を起こしたわけではない。数ヶ月前と何が違うかと聞いたら、暑くて温灸器をやめたぐらいだという。試しに当ててみたら、こんなに気持ちがいいとは思わなかったと言っていた。以前「冷たいものの取り過ぎで左坐骨神経痛」と書いたが、この方も見事なまでに左坐骨神経痛が出ていた。腸が冷えているのである。お腹自体は冷やされても特段自覚症状は出にくいが、別の部分が悪化する。身体はそうやって知らせてくれているわけである。この時期、何か症状が悪化したらまず腸の冷えから疑うといい。

お腹

2015年8月16日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中