クーラー病について

印刷する

懐かしい言葉だが、この時期クーラー病の方は多い。山登りがしたくて膝治療で通っている方が、仕事場のエアコンがきつく、膝の筋肉の刺激を与えても痛みは楽になっても、筋肉が今一つ反応しない。完全にクーラー病になっていた。こういう場合は必ず発汗をさせるのだが、どうしてもシャワーで済ませてしまう方が多い。筋肉を診ると「死に体」の様に反応しない。刺激に対して反応しない。これでは我々やりようがない。人によっては夜中にエアコンをかけっぱなしの方がいる。24時間クーラー病である。こうなると多少運動をしても安静にしても治らない。発汗以外に手がない。私などは日に多いと3回ぐらい風呂で発汗している。外国のホテルではシャワー程度の所はあるが、日本人はやはりこの時期、湯船に入って発汗して欲しい。

2017年8月7日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中