ステロイドと漂白剤の話

印刷する

ご紹介出来た方の肘痛が酷い。テニスにはまっていて少し痛みに強いので、どこもかしこも筋肉が硬い。こうなるともう選択肢はステロイドしかない。しかしステロイドに関してとても拒否する方と、そうでもない方がいる。拒否する方は、「あれは痛みを止めているだけで治していない。癖になったら大変。」と言う。そうでもない方は、「何でも楽になれば良い。」と言う。これは以前、うちの常連さんがある整形外科から、「ステロイドは漂白剤と思って下さい。使えば綺麗になりますが、使いすぎると布が傷む。」と言われたという。これは実に名言である。我々もどうしても使って欲しいときと、あまり使い続ければもういい加減にして欲しいと思ってしまう。理想はどうにもならないときにステロイドを使って、その後無理をせず、ケアを万全にするのがいい。中には、「ステロイドを使って楽になったから、これで思いっきり出来る。」という人もいる。これが一番困る。何事も程々で自分をスーパーマンだと思わない方がいい。若い頃は出来たかもしれないが、10代の成長期と比べられては困る。気持ちだけは同じというが、気持ちでなく身体の本音からこちらは判断しているのである。

2019年6月8日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中