ブルーシートで雨漏りを止める話

印刷する

仕事柄、病気の原因を追及する癖がついている。「あなたの頭痛は噛み合わせと鼻炎だから、頭痛薬だけでは治りません。歯と鼻をいじらないとダメです。」こんな会話は日常茶飯事だが、患者さんの中には兎に角痛みだけ止まれば良いという方は多い。そういう方にはこういう話をしている。「あなたの身体を家に例えるとします。雨漏りがしていて困っています。私が家を見るとシロアリに柱をくわれて土台が狂い、屋根の瓦が割れています。これでは雨が漏るのは当たり前です。そこでシロアリ駆除と柱の修理、瓦の修理をすれば何の問題もなく治るのに、あなたは兎に角屋根にブルーシートをかけておいてくれと言っているようなものです。雨漏りは止まるかもしれませんが、やがてそのブルーシートは風で飛んでいったり、破けたりします。そうしたらもっと丈夫なブルーシートを数枚かぶせれば良いというのですか?それでは治療になりません。」この話は理解しやすいみたいで、多くの方に納得して頂ける。ブルーシートの治療が多い世の中、柱や屋根にちゃんと目を向けたいと思う。

2018年12月17日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中