マラソンと荏胡麻

印刷する

マラソンレースに出た方が、途中から天候が悪化して体調を崩したという。話を聞いてみたら、まず膝の痛み、坐骨神経痛、腰痛、股関節痛、背中の痛み、頭痛、不整脈、喉の痛みと出ている症状が全てウィルスで説明できる。こういう場合は走りながら荏胡麻を飲むといい。本来ならEPA(fish oil)と言いたいのだが、実際使ってみるとEPAは胃に負担がかかったり、アレルギーの方がいたり、出血性素因があったりと万人向けではない。荏胡麻の方が安心して使える。荏胡麻ですこしウィルスを封じ込められれば症状は減る。あとはそんな時に「藍」もお薦めである。走っていて途中から苦しくなって「救心」などを飲む方はいるだろうが、「藍」は気がつかないと思う。「藍」は呼吸器にもいいし、抗菌作用もある。荏胡麻も藍試してみる価値はある。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中