不眠症について

印刷する

旅先などで不眠症になると辛い。普段と違う環境で興奮して寝られないことはよくある。出来れば普段から下記のような事を気をつけているとある程度防げる。

  1. お腹の具合いとの関係
  2. お酒で酔い加減との関係
  3. 肉体疲労との関係
  4. お風呂との関係
  5. 体温との関係
  6. 光や音との関係
  7. 読書との関係
  8. 眼の疲れとの関係

仕事柄寝られないときはいつも実験している。私自身はある程度の満腹とほろ酔い加減、眼の疲れで寝られる。だから旅先で寝られないときは、足らない条件(食事・お酒・目の疲れ)を満たすようにしている。よく経験するのは目は疲れると眠くなる。だからスマホでyoutubeなどはよく見ている。1-2時間見るとほぼ必ず眠くなる。普段から自分の体調を調べておくと旅先で役に立つ。

 

2017年4月10日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中