乳がんの見方

印刷する

これだけテレビやネットで乳がんの話題が出ると最近は驚かない。一般女性も自分は大丈夫かしらと不安を抱えている方は多く、自分なりに胸を触っているようだが、見方には少しコツがある。下記は東京女子医大からの拝借だが、参考にして欲しい。

http://www.twmu.ac.jp/DNH/mce/geka/nyuusen/mitukekata.html

大事なことは胸を触って調べるときは仰向けに寝て調べると言うことである。見るだけから立っていていいが、調べるときは寝て胸に対して重力が均等にかかるようにして、みた方がいいということである。そして乳がんの好発部位は上外方といって、乳頭を中心として脇に近いところが殆どなので、そこをよく触ることである。統計的には乳頭の上のほうが出やすい。そんなポイントを知っているだけでも発見率は変わる。乳がん初期は殆ど患者が見つけているので、知っておいて欲しい。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中