人間は癖の生き物

印刷する

この仕事をしていると数年ぶりに来る方は多い。覚えていて頂けるのは有り難いことだが、訴えてくる症状が殆ど数年前と何も変わっていない。生活面でも仕事でも体の使い方や行動パターンなどまったくと言っていいほど同じである。仕事が変われば多少の体の使い方の違いはあるものの、殆どの方は同じ生活を続けている。いかに人間は癖の生き物であるかがわかる。がんをやった方は今までの癖でがんになった部分は多いのだから、生活をガラリと変えろと私の師匠は指導しているが、本当にその通りである。病気だけ治して、今までと同じ生活では再発したいといっているようなものである。癖がつくと生活は楽だが、時として病気には良くないことを知っておいて欲しい。

 

無題

2016年7月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中