仕事で胃が痛いとき

印刷する

中学生から診ている子が、社会に出て不動産の仕事をしている。月末になると独特の雰囲気で皆ピリピリして胃が痛くなると言う。酷いときは2日ほど食事が喉を通らないという。4月入社で5・6・7・8月末と4回も月末を体験したのだから少しは慣れたと思うのだが、本人は相変わらず辛いという。こんな時は、「昔から『馬人参』と言って、何かご褒美を考えるといい。この月末が終わったら鰻だとか、スーツを買うとか、旅行に行くとか・・・。ご褒美があると頑張れる。そしてそっちに気が行くと辛さが薄くなる。そして食べられない時でも、何か喉を通るはずだと試してみる。私自身経験で胃が辛いときでも寿司は喉を通る。後はりんごヨーグルトとキウイヨーグルト。ダメなのがパイナップルとラーメン。理由などはわからない。実験したらそうだった。そしてもう一つ、コーラを飲むと楽になることを見つけた。昔から炭酸は胃薬として働く。ある地方で湧き水に炭酸が入っているところは全国でも胃炎や胃がんが少ないという。こんな事を少しずつ経験しながら段々月末には強くなれるから大丈夫。」という話をしたら、顔が微笑んでいた。

2018年9月16日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中