何故か今回は治りにくいぎっくり腰

印刷する

ぎっくり腰を毎年やっている方が今回はいつもより治りか悪いという。治療をしながら、腰が痛いときはへその位置がずれるというので見たら、確かに少し右にずれていた。しかし腰が治るとへその位置も治るという。本人は腰がずれているせいで起こっていると思っていたようだが、これは腹圧がからむ。今回特に治りが悪いので、理由を聞いたら海外の仕事が続き、お通じがだめになってしまったという。外国にウォシュレットはないし、困ったという。私自身、海外の学会に行くときは必ず、携帯のウォシュレットを持っていく。それも2つ。一つは電動、もう一つは手動。日本で生活していて当たり前のものがないと必ず体調を壊す。特に腸は敏感だから影響を受けやすい。常にへその位置を見ながら、お通じにだけは気を配って欲しい。

2017年7月1日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中