入院患者さんに高いメロンは考えもの

印刷する

先日、鬱病と菓子パンとメロンを書いたばかりだが、同じような理由で頭が働かないの、腰が痛いのという方が続いた。マスクメロンを悪くは言いたくないが、頂いたりすると食べ頃を気にしながら普段より余計に食べてしまう。日に2回、それも半分をペロリ。普段なら1/8か1/6程度なのに、もらうと惜しげもなくいっぱい食べてしまう。しばし幸福感に満たされるが、身体の中ではとんでもないことが起こっている。免疫は下がるし、頭の血流は下がるし、粘膜は弱くなり喉は痛くなるし、胃腸は動かなくなる。体力のある方ならいいだろうが、病人には辛い。そう考えるとお見舞いで高級メロンを持っていくのは考えものである。お勧めは赤リンゴかバナナ、パパイヤぐらいがいいのではないだろうか。

 

 

 

2016年6月20日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中