勉強熱心で素直ながん患者

印刷する

がんになると色々な方からアドバイスが来る。「○○のお茶がいい。」「○○サプリで治った方がいる。」素直な方だと、全て真に受けて、「○○さんの紹介だから間違いはない。」とサプリを10数種類飲んでいる方が結構いる。そして勉強熱心だと拍車がかかる。「○○セミナーで水素がいいと言っていた。」「遠赤外線はがんを小さくする。」「ブロッコリーががんを死滅させる。」1ヶ月に2-3回セミナーに出て勉強している。そうなるとまた治療法やサプリが増える。経済的にも大変になる。決して悪いとは言わないが、サプリががんを治すわけではない。本人の免疫が治すのである。その免疫を良い状態にするために、色々な治療やサプリなどを使うのである。サプリを増やせば免疫が上がるわけではない。私の師匠ががんばかり治療しているので門前の小僧で知らぬ間に覚えてしまったが、がんは「乳酸菌」「フコイダン」「プロポリス」「温熱」位でいいのではないだろうか。後は生活や食事を正したり、瞑想したり、喜びに満ちた生活をしたり、運動で汗をかいたり位で十分だと感じている。色々な患者を診ていると、勉強熱心で素直な方が泥沼にはまっていると思う。それも特に人から勧められて断れない方。自分の人生なのであまり他人の言葉に振り回されず、自分で決めた道を進むのがいいのではないだろうか。

2017年6月21日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中