夫婦円満と身体のこり

印刷する

以前、争いが身体に一番悪いと書いた。仕事でかかわる場合も出来ればあまり夫婦仲の悪い方とは密に接しない方がいい。私自身、仕事をしてしても夫婦仲の悪い方の体は兎に角、筋肉がほぐれない。解決策はないかと色々と考えるが、仕事で疲れて帰ってきて家が一番緊張するのだから、中々解決法は見つからない。できる限り遅く帰るとか、出張ばかりにするとか・・・・。これは以前大きな会社の社長が言っていたが、「家庭がうまくいっていない男が会社で能力を発揮できるわけがない。家庭が治められないのに、会社が治まるわけがない。」ごもっともである。しかし世の中には家庭がうまくいっていなくても、バリバリ仕事をやっている方は大勢いる。しかしその方の周りにいる方は大変である。家庭で癒えないのだから、他所で癒すか、仕事の身内に当たるしかない。外面はよくてもスタッフは大変である。人間常に緊張していたら身体が持たない。程々に緊張して後はリラックス、ゴムみたいに伸ばしたり、緩めたりで長持ちする。多少お金に困っても円満ほど幸福はない。

2017年7月1日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中