子供の姿勢

印刷する

子を持つ親としては子供の姿勢の悪さは気になると思う。背骨自体に大きな問題がなければ、食事や勉強するときのテレビの位置が大きな原因となるが、それ以外ではお腹の調子によって子供は良い姿勢を取れなくなる。子供は甘い物が大好きで時に食べ過ぎてしまう。砂糖は麻薬と以前から言っているが、あまりに食べ過ぎてしまうと膵臓に負担がかかり炎症を起こす。そうなると腹筋力が弱まり、背筋にも影響がある。そうなってしまうと姿勢を良い状態で保てない。食生活で姿勢が決まってしまう。我々から診るとこの甘い物の習慣はやがて首をゆがませ、そうなると集中力が落ちる。そして目を酷使することを嫌がる。頭痛やめまいの原因になってしまう。それが悪化すれば子供の鬱病である。そしてこのお腹の炎症は太腿の後ろを硬くする。ハムストリングというがこれには下腹部の反応が出やすい。こうなるとかけっこが遅かったり、陸上での競技を嫌がる。こんな所まで影響がある事を知っておいて欲しい。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中