子育てと冷たい物の摂取

印刷する

新米ママの身体を診るとどれくらい子育てをやっているかがわかってしまう。赤ちゃんは10ヶ月間、母親の心臓を感じながら成長している。生まれたあとも同じ拍動を感じたいために、どうしても左のおっぱいを欲しがる。新米ママの中には左右の胸の大きさが変わることを嫌がって、どうしても右をもっと飲みなさいと言う方もいるが、赤ちゃんは納得しない。いつも子供を抱いて仕事をする時は、殆どが左で抱くので左腕や肩がこる。右肩がこる方は少ない。腕のこりを診ただけである程度想像がつく。そんな子育てだが、この時期冷たい物を取るとどうしても左坐骨神経痛が起こる。真面目に抱っこをすれば左肩、冷たいもので左腰と左側ばかりに負担がかかる。どうも真面目に子育てをしている方には辛い季節である。

 

2016年7月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中