寝違い再発とコーヒーカップ

印刷する

10日前に寝違いの治療がうまくいき、痛みが取れたのにまた再発したという。何かあったかと聞いても何もないという。この方は長い間メニエール病で耳の調子が良くない。最近は耳閉感まである。耳に症状を持っている方は悪い方の首の横の筋肉-胸鎖乳突筋が硬くなる。10日間の生活を聞いて、「子供とディズニーランドへ行ってコーヒーカップでグルグル回された。」という。「そんな事したら、耳が悪化して首が硬くなって簡単に寝違いを起こしますよ。」「どうしてグルグルと耳が関係あるのですか?」我々にしてみると身体のバランスを取っている三半規管が耳にあることは常識だが、この方は脳が支配していると思っていたらしい。案の定胸鎖乳突筋を触ったら、耳閉感のある側がガチガチである。これで原因が分かった。The Bi-Digital O-Ring Testを使うと耳の症状はヘルペスウィルスが増える事がわかっている。抗ウィルス剤のEPAや荏胡麻で対応し、耳は昔から利尿剤をよく使う。当院ではスプリングティーを勧めている。正しい知識と少しの予防で寝違いは防げたはずである。

2017年10月12日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中