小指を骨折して何が起こるか

印刷する

常連さんが小指を骨折した。最近はリハビリも殆どやらないので仕方がない部分はあるが、小指を痛めると身体にどんな影響があるか次のような話をした。

  1. 包丁が使えない(小指が効かないと包丁を強く握れない)
  2. 小指の痛みが続くと肩や首までおかしくなる
  3. 折っていない反対側までおかしくなる
  4. 首肩の左右差で頭痛を起こしやすい
  5. 痛みに耐えると身体の神経が興奮して末端がこりやすい
  6. 交感神経優位になってしまい胃腸が動かなくなる
  7. その反応で左腰痛が起こる
  8. その左腰痛を治りにくくしている原因の一つは甘い物取りすぎ

こんな話をしたら、「全部あてはまる。」という。特に竹の子が切れなくて驚いたという。料理人が小指を痛めると一切包丁仕事が出来ないという。小指で締めて包丁を支えているらしい。たかが小指だが身体全体への影響は計り知れない。だからリハビリが必要なのである。

2018年5月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中