履いて実験していなかった

印刷する

女優さんが足首を痛め、スポーターを3つ取り寄せた。ちゃんとサイズを測って頼んだのだが、1つのサポーターが足に入らないという。元々足首の細い方なので、これでは他に買った方からも苦情が来ていると思って業者に問い合わせたら、「今数名から苦情を頂いて対応を協議中です。」とのこと。このメーカーある時から急に品揃えが増えた。足首のひな形を作って素材だけ変えて作ったのであろう。ある程度の伸び縮みがあればサポーターは履けるが、きつめの素材では履けなくなってしまう。おそらく全ての商品を履いていないのだと思う。長年健康器具など扱っているとこの手のことはよく起こる。一つの商品をバージョンアップさせた物は信頼性が高いが、次から次に商品を開発しているところは少し様子を見てから買うことにしている。

無題

2016年1月21日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中