微妙な過食

印刷する

常連さんが少し過食をして腰が痛いと言ってきた。本人は過食が原因で腰が悪化することをよく知っているので、絶食しますとは言うが中々実行までいかない。身体を診ると今までの過食と少し違う。今までは10の器に対して15や20食べていたが、今回は13程度である。むちゃくちゃな過食ではない。そしてその状態が3週間続いた程度の反応しかない。いつも出る足の脛の胃酸過多やスタマックラインが反応していない。本人は少し絶食と言うが、こういう少し器を出た食べ方の場合は2日間絶食するより、2週間器10に対して8程度で食べて戴きたい。何でも2日間絶食すれば良いという話ではない。常連さんになると過食も巧妙でブレーキをかけながら食べているのが良くわかる。中々働き盛りの方に過食を徹底させるのは大変である。

2018年1月30日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中