忘れていた小麦アレルギー

印刷する

数年前に胃炎が全く治らず調べてもわからなかった方が、ようやく小麦アレルギーとわかり一件落着した。数年してから外国でちょっとした食事の中に小麦が入っていて高熱と共に具合が悪くなった。こういうケースもあるので先生に処方して戴いて抗アレルギー剤をいつも持っていた。今回、イタリア旅行で何かお祭りがあったらしく頂いた物の中に小麦が入っていた。イタリアでの全食事は日本から白米持参だったのに、ちょっとした油断で体調を壊した。本人も体調が悪い理由がわからず、何かおかしいと言っていたが、話を聞く内に小麦とわかった。旅先での好奇心や環境の変化、ちょっとした油断はあるだろうが、身体は正直でちゃんと反応する。抗アレルギー剤は持っていたと言うから皮肉である。旅先でこういう体験をする方は多いだろうからご注意頂きたい。

2019年3月11日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中