患者から出た「やって理解出来た」という言葉

印刷する

ちょっと酷い坐骨神経痛の方が毎週通っている。今まで通っていたところで良くはなったが完治しないという。当院のブログを見て興味を持ったという。初診が5月でその時にもう胃腸の問題のことを指摘している。「胃腸を治さないと治らない坐骨神経痛」と毎回来る度に伝えている。仕事柄宴会が多い方で、週に最低2-3回は入るという。多いと4-5回でいつも胃腸障害を抱えている。今回は昨晩の食べ過ぎでお腹も痛くて触れないぐらい辛い。少しずつではあるが改善していた坐骨神経痛が急に悪化した。「本当に胃腸に負担をかけると腰が辛い。ようやくわかった。」と患者の口から出た。今までも20年間粘って鍼を勧め、ようやく不眠症の方に鍼が効いた経験があるので、数ヶ月など早い方である。こちらの言っていることを理解してもらうまでには時間がかかる。そんな時師匠の言葉を思い出した。「草も木も人も育つには時間がかかる。」名言である。

2018年10月13日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中