手のシビレと頭の血流

印刷する

金融関係の方が最近の株価の乱高下で中々体調管理が難しい。腰が良くなったと思えば首や手のシビレと症状が色々と出る。そんな中面白い事を言った。「何となく手のシビレを感じるときの方が、頭が冴えるのですが何か関係ありますか?」ちょっとこの質問には驚いた。以前、子供を花粉症にしないための話を書いたが、人間の特に腸がきれいすぎると免疫が下がる。多少汚い環境の方が強い身体を作れる。腸の中に回虫でもいた方が身体のセンサーが働き、神経が敏感になる。腸がピリッとするということは頭の血流が上がることを意味する。患者が言っていたこと事はあっている。このことは私が15年ぐらい前に気がついたのだが、それ以来完治を目指さなくなった。昔は何が何でも100点と思っていたが、少しぐらい症状が残っている方が全体的にピリッとしていいことが分かったからだ。治療も80点で良しとする。それぐらい治るとすぐに、「準卒業」と言ってしまう。当院の準卒業と結構戻ってくることが多いが、それもいいと思っている。だから頭を働かせたい時は、治療利用を受けないのも一つの手である。

無題

2016年3月5日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中