手術のあとの食べ過ぎに注意

印刷する

痔の手術をした方が腰痛で来た。てっきり術後の問題かと思って身体を触ったら、食べ過ぎの反応である。話を聞くと術後は安静第一ということで、家でゴロゴロ暇なので、食べてしまったという。普段より極端に動かないので、腸の動きも止まり便が出ないという。腸の働きが悪い所に食べ過ぎなので余計に悪い。私自身、昔膝を怪我した時に同じ体験をした。切った膝を縫ってもらったあとに、自宅でゴロゴロしている。ご飯が出てくるからお腹も空いていないけど食べる。膝のことを思い歩かない。3日目ぐらいから便秘になり、腰痛が出た。しかし何とも腸が動かない。何とか腸が動き出した頃には腰の痛みはなくなっていた。手術ののあとは食べなくても皆さん、栄養はたっぷりある。術後快適に生活したい場合は食べない方がいい。

無題

2015年12月14日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中