手術後の痛み止めで左坐骨神経痛を発症

印刷する

以前、「水虫とぎっくり腰」の話を書いた。水虫の飲み薬は長期服用しなければならず、それが原因で胃を壊す。そうすると腹筋が働かず、腰に負担がかかりぎっくり腰になるという話だ。これと似た話で、身体にメスが入るとその後、鎮痛剤を飲み過ぎると胃を壊す。胃粘膜保護剤でちゃんと治療すれば良いが、痛み止めだけ飲む方も多い。それが続くと腰に負担がかかり、太腿の裏(下っ腹の反応点)にも反応が出て、左坐骨神経痛を訴えてくる。痛み止めを飲むことと左坐骨神経痛は繋がらないだろうが、実にこのパターンは多い。坐骨神経痛になるようなことを何もしていないのに薬だけでなってしまう。注意が必要である。

2018年11月22日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中