極道と道楽

印刷する

昔から道を極めることを極道という。ヤクザではないが、あまり根を詰めすぎてしまうと体を壊すので、物事は中庸、程々がいいといつも言っている。極道ではなく道楽を勧めている。道楽は道を楽しむと書く。私もようやくこの仕事を40年間続けて、最近は道楽になってきた。最大の理由は経験があるので、この患者さんをどうやって治療すれば良いかでは悩まなくなった。こちらも神様ではないので全て治せるわけではないが、この症状ならこの治療法、この方はこの先生に紹介すれば良いと言うことがわかってきたので悩みがない。殆ど趣味の世界である。仕事が趣味だか、趣味が仕事だかわからなくなると毎日が楽しい。時々こんなに幸福でいいのかなぁと感じてしまう。道楽の延長戦に少し極道を見られたらいいと思っている。道楽になるまでは大変だが、ある一線を越えると楽になる。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中