次から次に腰に悪い事をやろうとした患者

印刷する

胃が原因で腰痛をおこしていた方が、胃の改善と共に腰も良くなり一段落していた。しかしまた痛み出したというので診たら、確かに胃は治っている。患部の腰の骨を診たら少し後ろに変位して明らかにずれている。細身の女性なのでこういったことはよくあるが、その後が悪い。腰を治そうとスクワット、ヨガ、ジョギング、平泳ぎをやるつもりだという。我々から見るとスクワットではなく四股、ヨガは中止、ジョギングではなくスロージョギング、平泳ぎではなく背泳がいいという話をした。世間で言われている事が少しずれている。スクワットで腰を痛めた通っている方はいるが、四股を指導した後は来ない。ヨガは本格的に効果を実感出来るのに数年かかるし、ジョギングでは腰を悪化しかねないがスロージョギングなら安全、平泳ぎは股関節に負担をかける(バタフライは最悪)が背泳なら腰がいいカーブになり治療になる。ちょっとしたことだが、この差は大きい。本格的に始める前に来てくれたので避けられたが、腰を治そうとこういうものにはまり、腰が悪化している方は多いのではないだろうか。

2017年6月19日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中