正月に風邪を引いて良かった話

印刷する

年末は年越しそばの後、3日間断食と多くの方に伝えたが、中々実行できる方はいない。常連さんが正月に風邪を引いてまだ抜けきらないという。身体を診たら、腸は少し下痢気味だが、胃は休まったし、膵臓に負担がかかっていない。筋肉の疲労も全くない。寝違いまで治ってしまった。本人は正月に風邪を引くなんてと思っているだろうが、我々から見ると引いて良かった。食べられなかったことが功を奏して断食が出来た。普段から忙しくしている方は休みになると嘘のように寝ている。昼近くな起きて夜にはまた寝ている。それを数日続けられる。身体は過去に受けた疲労を帳消しにしない。正月に風邪を引くのもいい場合があると思った。

2018年1月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中