産後のトラブル

印刷する

仕事柄新米ママは多い。初産だと慣れない子育てに数時間おきの授乳、睡眠もままならずわからないことばかり。近くに母親がいればいいが、遠方だといちいち聞いていられない。出産後に痔や尿漏れは多く、初めての体験に戸惑ってしまう。場所が場所だけに医者にも行きにくい。痔などは特に便秘がダメで、睡眠も十分でなく、食生活も乱れてしまうと中々痔はやっかいである。妊娠中は子宮の前に膀胱、後ろは直腸である。子宮が大きくなるにつれ、膀胱圧迫で頻尿、直腸圧迫で便秘が起こりやすい。出産後の頻尿も冬だとお風呂にすぐには入れず、身体を温められず、授乳中だと投薬がダメで治りにくい。お腹を温めたり、温灸をするが、自宅での温灸は煙が出て赤ちゃんに嫌がられる。そんな時はすこし時間をかけて筋トレがいい。理想的には出産後、2ヶ月ぐらいで体型・体重が戻れば良いが、筋トレをしないと骨盤周辺が緩み、頻尿が治りにくい。普段からお尻を締める訓練をすると子宮膀胱の筋トレになる。ある程度の期間は尿漏れパットは仕方ないにしても、後は軽いスクワットや四股などを勧めている。骨盤底筋をちゃんと鍛えず、次の出産になってしまうと将来尿漏れを起こしやすい。最終的には手術という方法はあるが、少しの筋トレと冷え予防ぐらいで治しておきたいものである。

2018年12月13日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中