痔の術後について

印刷する

常連さんが痔の手術をした。術後痛いらしくて何とも辛いという。坐薬はもらっているのだが、いまいち効かない。ないよりは良いが、完全に楽になるわけではないと言う。こんな時に勧めているのが、日に3回の入浴である。会社に行って仕事をする方達には難しいだろうが、それでも朝と晩に入るだけでも違う。次に出張など止めた方がいい。坐るときは円座を使っているだろうが、2時間以上は坐れない。外食で刺激物もダメである。特に辛子や生ニンニクはきつい。胃腸に優しい物がいい。次に過食はダメである。排便時に辛い。私も以前、痔の手術をしたときは便秘が辛かった。便を少し軟らかくするものがあるので少食にして薬を使うといにい。次にわれわれが出来ることは頭に鍼を打つことである。百会(ひゃくえ)と言って頭のてっぺのツボが痔の痛みを減らす。酷ければそこのお灸をする。術後は身体が緊張するので、腰周辺も緩めると楽になる。それでもだめならお尻の周辺に鍼を刺す。これは有効である。色々と打つ手はある。

2017年5月23日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中