瞬間的に脚の筋肉痛を取る方法

印刷する

常連さんが毎週末スキーで脚が硬くなっている。大会があるので瞬間的に脚の疲れを取る方法はないかという話になった。少し知恵を絞ってみたい。

1.ビタミンB1・12などを飲むか点滴
2.ビタミンCやEを使う
3.漢方薬の八味地黄丸 (下半身の血流剤)、芍薬甘草湯(痙攣止め) を使う
4.発汗
5.大量の細い鍼を使うか電気を流す
6.ステロイドを使う(医者に相談)
7.筋弛緩剤を使う(飲み薬でミオナールなどがある、医者に相談)
8.安定剤を使う(デパスなどが効くことがある、医者に相談)
9.クエン酸(疲労回復)、お酢を使う(沖縄のもろみ酢などはお薦め)
10.カッサ療法(皮膚を擦って軽くミミズ腫れを起こし、回復を待つ)
11.EPA(エパデール、ロトリガ)を使う(抗ウィルス剤として使う)
12.馬油・タイガーバームなどの皮膚からの刺激

結局、筋肉疲労物質を出すか減らすか中和させるか、血を呼び込むかである。どれが効くかは何とも言いがたいが、普段から実験しておくといざという時に役に立つ。

2019年2月18日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中