筋トレの痛みに耐えると筋肉がつく?

印刷する

普段あまりジムなどに通わない方が、筋トレに精を出しているという。しかしここ数週間膝が痛く医者に行ったら、「その痛みを乗り越えると筋肉がつく。」と言われ、トレーニングを続けたが、益々おかしいので来たという。足を診たら、完全に筋肉痛である。今までは週に1度だけ通っていたのを2回にして頑張っている。見事なまでに太腿を使っている。以前に何度も書いているが、膝痛は単独では起こりにくい。大腿四頭筋の緊張で起こるので、膝の治療法は大腿四頭筋を何とかすれば良い。そしてこんなに頑張ると腰までおかしくなると言ったら、もうおかしいという。整形の医者も、「膝の痛みは太腿の筋肉痛で起こる。少しの無理は良いが、無理をし続けると膝が治らないし腰にもくる。様子を見ながら膝に痛みが出ない程度で少し頑張りなさい。」と正しく煎ってくれればいいのに、「乗り越えろ、頑張れ」では膝は治らない。40-50代ぐらいの女性で筋トレに目覚める方は多い。閉経後を気にしてなのか、親世代の足を見てそう思うのか、皆さん熱心である。筋トレを注意しても殆どの方は次は何が良いだろうかと、「○○ヨガ」みたいのを探してくる。○○ヨガは太腿に負担がかからないから選んだとか言って、また体を壊してくる。数回懲りないとやる前に相談にはこない。そういう方の体を診る度毎に、皆さん結構懲りないなぁと感じてしまう。

2016年7月12日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中