筋肉はずし

印刷する

常連さんが、「自分で太腿の後ろをゴリゴリ揉むと刺激はぼやけるが、ここで治療をしてもらうとピンポイントで神経に対して刺激が入る。何が違うのか?」と質問をされた。「太腿の後ろは坐骨神経なのだが、皮膚の上から刺激をすると筋肉(大腿二頭筋)が邪魔で坐骨神経を刺激できない。だから『筋肉はずし』と言って、直接神経を刺激できるようにその筋肉をずらしている。少し角度を変えたりすれば出来る技術である。当院の先生には皆教えている。」と答えた。さすが常連だけあって質問が鋭い。身体の治療には当然解剖の知識が必要だが、あるポイントを刺激しようとすると邪魔者がある。それをいかにはずして直接やるかが勝負になるのだが、多少の知識と知恵がいる。何気ない刺激でも技術の研鑽と研究によって、素人では出せないものを出している。プロの料理人と同じである。

2018年4月2日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中