股関節の手術の際に聞いておくべき事

印刷する

患者さんのお父さんが股関節の手術を受けるという。担当の先生に何を聞けばいいのかという質問が来た。

  1. 輸血に関してはどうなりますか?
  2. どんな金属を使うのですか?
  3. 手術後のリハビリはどうなりますか?

これぐらいを聞くといいという話をした。輸血に関しては手術時、出血を伴うとどうしても輸血が必要になるが病院によっては自分の血液を初めから貯めておく方法がある。自己血と言うが、すべての病院がやっているわけではない。股関節はおそらく置換術だろうからどんな金属を使うかが聞いておいた方がいい。チタン合金、セラミック、ポリエチレンなど状態や年齢によって変わる。出来れば術式も聞いておくといい。術式によっては傷口が小さく、感染や入院期間、リハなど色々と変わる。リハに関しても専門病院と施設がないところがある。術後のリハは大事で、手術した病院になければ別の施設をさかさなければならない。中々親の手術で悩むということも少ないだろうから、とっさに何を聞けばいいのか迷うのはわかる。この仕事を長くやっていると、こういう質問もよく受ける。

2018年2月26日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中