股関節術後のケアー

印刷する

以前、腰痛で通っていた方が日産玉川病院で股関節の手術をしたあとから、腰が全く痛くないという。昔の手術に比べ成功率は高いし、人工骨頭もセラミックなどで今は30年もついう。手術術前の身体を覚えているので、あまりに見事な手術に感動してしまった。話を聞いたら日産玉川病院では、両股関節を同時に手術出来るぐらいの技術を持っているという。今回はたまたま座り疲れと冷えがあるというので下記の指導をした。

  1. 100日に1度程度、良くも悪くも季節の治療-この程度診ておくと予防になる
  2. 腹巻き-下腹部にしこりがあり血行不良を疑った
  3. 朝風呂で発汗-下半身浴でおでこから汗が出るまで-全身に血液が回ったということ
  4. ホカロンをお腹に貼る-普通の人が1枚なら2枚貼る
  5. 2時間以上は座らない-いくら手術で大成功と言ってもこれくらいに1度は立って回りをウロウロすると腰痛が悪化しない

これぐらい注意すれば万全ですと話をしたら、早速実行すると言っていた。昔の比べて手術の後、リハビリをしない。しかし身体のメンテはこれぐらいやっておかないと突然、ぎっくり腰になってしまうので注意が必要だ。

2016年12月10日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中