胃がんと編み物

印刷する

胃がんの手術のあと、ピロリ菌除菌もした方が編み物が出来ないという。我々から診ると胃に負担をかけると左の背中が硬くなる。背中の筋肉は肩関節に繋がっているので、背中の硬さ→肩関節の制限→腕の筋力低下が起こる。だから編み物などするとすぐに身体にやめさせられてしまう。術後、時間があり編み物をやりたい気持ちは分かるが、編み物以外でも手を使うことはあまりお薦めできない。特にゴルフなどは玉が何処に飛んでいくか分からない。胃腸が弱ったときに手を使うのは良くないことは、リハビリをやっている人間は知っているがあまり一般出来ではないと思う。目も同様に疲れやすいので、とにかくボーっとしているのが1番いい。

無題

2015年9月17日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中