腰が痛いときは安静?動きながら治す?

印刷する

舞台女優さんが腰を痛めた。本番が近いので少し無理をしないように安静を保っているという。確かにそれでいいのだが、腰の治し方は全てが安静というわけではない。安静を保って、本番で様子が分からず痛めることは容易に想像がつく。それよりも痛みをコントロールしながらに身体を使い、腰の辛いところに負担がかからない動きを覚え、慣らしながら治すやり方もある。どちらがいいのかは簡単に答えは出ないが、私自身の経験で言うとぎっくり腰などは動かしながらの方が早く治る。以前、安静にしすぎてかえって腰がおかしくなった経験がある。この世に肉体を持って生まれた以上、常に重力に対して戦いながら動かしていく宿命を持っているように感じる。骨折や脳卒中なども昔はよく安静と言っていたが、最近はどんどん動かしながら治すことが奨励されている。

2015年9月9日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中