腰椎椎間板ヘルニア手術後の腰痛

印刷する

うちのブログを見て、腰椎椎間板ヘルニア手術後の方が、痛みが再発して治らないので来た。まず持参されたCD-ROMを診ると、頚椎椎間板ヘルニアの画像があり、ヘルニア以外にも周辺の骨の状態が良くない。身体を診るとお尻の筋肉はないし、足のバランスは悪いし、腰の痛みで臍の位置がずれてしまっている。この臍の位置がずれるというのはよく経験することなので、「相当痛みに耐えたでしょう?」と聞いたら、「もう耐えるのも限界で、何処行っても良くならないので、諦めかけている。」と言う。まず身体を診ようにも横になれない。坐ったまま、足の治療をしても腰の痛みは変わらない。お尻の筋肉がないので、さらしや骨盤固定ベルトをやっても痛みが変わらない。こうなると臍から攻める以外に方法がない。お腹に3本キネシオテーピングを貼ったら楽だという。全部で6本貼ったら、寝返りが打てるという。これは締めたもので、これで突破口が開いた。この方は、「頚椎椎間板ヘルニアの再診断と治療」「お尻の筋力アップ」「股関節の診断」「腹圧の調整と補強」「坐薬や神経ブロックによる鎮痛」を一つずつやれば治る。色々行ってくたびれとしまったのか、「治りますよ。」と言ったら顔がほころんでいた。

2018年3月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中