膝痛で来て血圧が下がった話

印刷する

ある職人さんが遠方から膝痛で通っている。診ると変形はあるし、殆ど階段の上り下りが出来ないという。医者からはもっと酷くなったら人工関節と言われていて、本人は何とか避けたいという。まず中敷きを作って、脚の筋肉をほぐし、必要なところに鍼をやったが、中々痛みが良くならない。何か全身から治療のヒントがないかと思った診たら、甘い物取りすぎ(膵臓の反応点が硬い)を見つけた。話を聞いたら、職人さんがお客さんのお宅で、朝の10時と午後3時に甘いお菓子を頂くという。折角出して戴くので断れずもうそういう生活を30年続けているという。膝痛が左なのでできればこの膵臓の左の反応はない方がいいので、甘い物を控えて下さいと言ったら、素直に実践され、お腹は引っ込み、血圧が下がってきたという。循環器の先生がこれでは下がりすぎなので、薬を1/4にしようと言ったという。怪我の功名ではないが、思わぬ副産物があった。

2019年2月25日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中