膝痛と胃炎

印刷する

左膝痛がなかなか治らない方がネットで当院を調べてきた。診ると大腿四頭筋が硬い。これは定番である。そしてこの筋肉は自覚症状が出ない。大腿四頭筋の治療から始めたら、右側はほぐれるのだが、左側がほぐれない。よく診るとスタマックラインである。胃炎がある。話を聞いたらピロリ菌除菌後も調子が悪いという。何度内視鏡で調べても何も出ないので、諦めていたという。こうなると原因は「食べ物」か「ストレス」である。食べ物ならフードチェック。ストレスなら末端のこりをほぐす。そして腰を診たら、完全に内臓からの腰痛である。そして肩こりがあるという。胃を治せば全て良くなりそうな雰囲気である。こういう体験を何度もすると、胃炎がらみの膝・腰・肩痛の方がどれだけいるかわからない。特に左膝痛の方は胃炎を一度疑うといい。胃薬を飲んで膝が楽になると、胃炎がらみの膝痛を疑う。

2017年4月27日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中