落ち込んだときに夢が描けない

印刷する

仕事柄、ストレスなどで落ち込んでいる方はよく来る。話を聞くと大変だなぁと思ってしまうが、長年治療をしていると別の感覚を持っている。「今は大変だろうけど、基礎体力さえあれば、今までで1番良いときよりもっと良くなる可能性が高いのだから喜べば良いのに・・・・。」基礎体力のない方は落ちてしまうが、基礎体力がある方は高くジャンプするために深く沈み込む原理で、前より必ず良くなる。それが治療しながらわかってしまう。本人にそんな話をしても大変な時なので納得はされないから、カルテに書いておく。数ヶ月か数年して、「だから言ったじゃない。」となる。そんな経験を何度かしていると、「有り難い」という言葉の意味が重く感じられる。「難あって有り難し」である。大変な時に夢が描けないのはわかるが、そういう考え方もあることを知っておいてほしい。それ故、皆様の基礎体力には目を向けている。

 

 

2016年6月25日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中