薬が患部に届くということ

印刷する

鬱病の方がいい薬をいくら飲んでも効かないという。薬は飲んで効くのではなく、患部に届いて効くのである。では薬が患部に届かない理由は何か。胃腸なら飲んでそのまま届くが、脳となると届きにくい。脳はBBB(脳血液関門)と言って酸素や糖分、麻薬以外はブロックして脳に入れない仕組みがある。鬱病は頭の感染なので、脳に薬が届かせるのに、下記のようなものが邪魔をしている。

  1. 顎関節の異常
  2. 鼻炎
  3. 首のゆがみ
  4. 電磁波
  5. 重金属沈着

上げればキリはないが、一つずつ問題を解決していかないとならない。

drug

2015年9月28日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中