赤ちゃんの性別判断

印刷する

昔から田舎では、「妊娠した嫁の顔がきつくなったから男の子が生まれる。」とか、「お腹が前に突き出ないから女の子だ。」などと妊婦さんを見ては、赤ちゃんの性別当てを噂していた。どこまで科学的根拠があるのかはわからないが、生まれた後で「やっぱり男か・・・。」と自分の予想の高さを自慢している方は多くいた。ネットから少し情報集めてみた。

■男の子
妊婦さんの顔つきがキツくなる
お腹が尖って出る
お腹は横に広がりにくい
後ろから見て妊婦とわかりづらい
妊婦さんの体毛が薄くなる
肌トラブルが多くなる
お肉が食べたくなる
酸っぱいものを食べたくなる
赤ちゃんがお腹の中で横にゆれる

■女の子
妊婦さんの顔つきはおだやか
むしろ顔つきが優しくなる
妊婦さんのお腹が横にひろがる
後ろから見て妊婦とわかりやすい
妊婦さんの体毛が濃くなる
甘いモノを食べたくなる
お腹の中で赤ちゃんがよく蹴る
赤ちゃんがお腹の中で回る
つわりがひどい

やはりこの中でも「顔つき」と「お腹の出っ張り具合」はよく聞く。最近は婦人科で超音波診断装置を使うので、あまりこういう話は出なくなったが、新米妊婦にはこういう噂をよく昔の人はしていたことを知って欲しい。

2018年4月23日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中