赤ちゃん5kg症候群

印刷する

出産直後は赤ちゃんがかわいくて何時間でも抱いていられるでしょうが、2~3ヶ月もすると赤ちゃんは5kgになります。 (赤ちゃんは日に30g~50g増えます。)母親はその重みに耐えかね、腕や肩の痛みを訴えてきます。辛さを訴え始めるのが、殆どのお母さんで同じ時期なので赤ちゃんの体重を聞いたらおおよそ5kgでした。お米5kgだって持ったままではつらいのに、よく抱き続けられると思います。しかし5kgが限界のようです。そしてお父さんは7kgで限界を超えます。いつまでも抱き続けることは出来ません。あまりに5kgを越えると腕や肩の症状を訴えてくるので、「赤ちゃん5kg症候群」と勝手に名前をつけました。

2017年6月8日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中