足の痛みを乳酸菌で良くする話

印刷する

脚に力が入らず色々と整形外科で治療したがうまくいかず、ネットで当院を調べ通っている方がいる。腰椎椎間板ヘルニアはあるし、脚の筋力低下と麻痺や痛みも強い。アキレス腱も硬く足関節がうまく動かない。これだけあると、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを鎮め、筋力低下は筋トレ、麻痺は鍼灸、アキレス腱はストレッチとやる事が多い。治療をしながら腰やハムストリング(太腿の裏)の痛みか取れないことがわかり、調べてみたら下腹部の反応とわかった。早速The Bi-Digital O-Ring Testで乳酸菌を合わせ、飲んでもらったら嘘のように痛みが半減していた。しかし痛みが楽なったところは腸の関連場所だけで、股関節の中殿筋(お尻の横)は変わらずだった。ハムストリングが楽になった影響でアキレス腱もストレッチをして以前ほど痛がらない。乳酸菌だけでこんなに改善するとは私自身が少し驚いている。理屈は理解しているつもりだが、このことを通して腰が治らない方で腸の影響を受けている方は多いと思う。この時期エアコンがつけっぱなしで冷たい物はどうしても取ってしまう。腸が喜ぶわけがない。なかなか治らない腰痛持ちの方、一度発汗と乳酸菌を試して欲しい。かなりの確率で腰が楽になる。

2018年8月5日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中