転んでわかった耳の病気

印刷する

年配の方がここ数日4回も転んで、娘から脳波を調べてもらった方がいいと言われたという。話を聞きながら転ぶ理由が足なのか、血行不良なのか、脳の病気なのかThe Bi-Digital O-Ring Testで調べてみることにした。調べてびっくり耳が(-12)と飛び抜けて悪い。これは今までに何か既往歴があるはずなので聞いたら、10年前に突発性難聴、それから5年前にメニエール病をやったという。「右でしょう。」と言ったら、「覚えていないがそうだと思う。」という返事。気になり左耳を調べたら、(-2)と年齢相応。詳しく当時の病状を聞いたら、聞こえなかったり、フラフラしていたときは真面目に医者に通ったが症状が無くなったので、全く調べていないという。ヘルペスウィルスを測っても高い。おそらくウィルス感染であろう。転んだ理由が頭にないか調べたら血行不良はなく、ドーパミンが異常に高い。これはやる気だけ異常にあることを意味する。耳が悪くバランスがとれず、気持ちだけ先走った結果とわかったので伝えたら、「多いに思い当たる。」と言う。この患者はThe Bi-Digital O-Ring Testで耳を調べたからわかったが、少し遅れていれば転んで足を折っていたかも知れない。今までも1ヶ月に一度ぐらいは転ぶとカルテに記載があったが、年齢を考え耳を調べていなかった。数日で4回転ぶと話は変わってくる。お年寄りがよく転ぶとかつまずく話をするが、耳を調べてもらってはどうだろうか。

2018年2月6日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中