途中から悪化した膝

印刷する

山登りをする方が膝の治療で通っている。途中まで良い経過だったが、ここ数週間痛くてしょうがないという。話を聞くと腸の調子が悪い。便秘と下痢を繰り返すという。腸の調子が悪いと中々膝は治らない。数年前にも同じようなことがあり、専門の先生の治療を受けてすっかり治ったのにまた悪くなったという。腸の問題は「食べ物」「メンタル」「運動」で大体解ける。まず食べ物を聞いたら、ある時からパン食からご飯にしたら便秘になったという。メンタルは最近仕事が忙しく、その分運動はほとんど出来ていないという。これでは悪化しても仕方がない。前回の治療でハムストリングがやられていたので、自分でやるように指導して頑張ってやっていたという。調べると頑張っていて太腿の後ろはほぐれているが、前面の筋肉が硬くてこれが痛みの原因になっていた。この前面の筋肉をほぐすのはすこし難しい。中々素人の方は自分では出来ないと思う。膝もそうだが、悪化するには明確な原因がある。整形外科ではお腹のことは言わないだろうが、腹圧との関係は密接である。一つずつ謎解きをしていけば必ず膝は治る。

2017年6月3日 | カテゴリー : 症例 | 投稿者 : 東洋鍼灸院 田中